ましもと内科呼吸器科

お知らせ

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の臨床像について

 現在流行しているオミクロン株は感染性が非常に強力ですが、以前のように重症化する人の割合は減少しています。
 ウイルスはまず鼻咽頭などの上気道に感染します。咽頭痛、鼻汁、鼻閉、咳嗽などの上気道症状に加えて、倦怠感、発熱、筋肉痛などの全身症状がよく見られ、これらはインフルエンザの症状に類似しています。臨床症状から新型コロナとインフルエンザを区別することは困難です。
 咽頭痛はしばしば初発症状となり、嚥下困難を伴うこともあります。以前の株とは異なり、オミクロン株においては、嗅覚・味覚障害は多くはありません。
 患者さんの多くは発症後約1週間で症状が軽快しますが、一部の患者さんでは何らかの症状が長期間残ることもあります。



   新型コロナウイルス感染症(COVID-19)診療の手引き 第10.0版より